雑記

2012年6月15日 (金)

大人向けの童話「ほめられ剣士」を公開しました

電子書籍サイト・パブーに大人向けの童話『ほめられ剣士』をアップしました。(無料)
(画像をクリックしていただければサイトへとびます)

blog.png

【あらすじ】幼い頃から父親にほめられる事が生き甲斐だったモンスター退治屋の息子プレイズ。ほめられる為に常に仕事は完璧にこなし続けていました。しかし、彼は18歳になった時に生まれて初めて仕事で失敗し、初めて父親に罵られます。それからプレイズの人生はおかしくなってゆきました……。

(イラスト、いまいちだなぁ……。具象かデフォルメがはっきりしろ!と自分に突っ込んでみる。(苦笑))

--------------------------------------------------------------------------------

【読んでくださった方へ】

ちょっと今回の童話は、少し重めの内容かも。実はカミングアウトすると、この主人公のモデルは私自身なのです。
でも、モデルと言っても創作物ですから、当然ながら誇張したり、設定も面白おかしくするために現実とは全然違っていますが、主人公のプレイズがずっと苦しめられた似たような亡霊は、つい最近まで私の心の中にも巣食っていました。

とりあえず、私自身は、ここ数ヶ月の間にその亡霊退治にひとまず決着がつけたかな?という感じで日々を過ごしております。……と、言っても完全にそれを消してしまう事は現実には無理なようで、いつまた、その亡霊が顔をのぞかせるかわかりません。でも、とりあえずその正体はわかったので、もし現れてもそいつに優しく語りかけて退散してもらう術は獲得したつもりです。(笑)

「三つ子の魂百まで」

その三つ子の魂は、大人になっても見えない亡霊となってとりついているのかもしれません。自分を自由にし幸せにしてくれる良い亡霊なら良いのですが、そうでない場合は、その亡霊に目を背けるのではなく、そいつに優しく声をかけ、その苦しみを聞いてあげるのもいいのでしょう。え~、相変わらずわけのわかんない事を書いておりますが、まぁ、そういうことです。(笑)

あなたの心の奥底に住む幼い頃のあなたの亡霊は、笑ってますか? それとも泣いてますか?

2011年12月31日 (土)

新年明けましておめでとうございます

2012nenga.png

 新年、あけましておめでとうございます。

今年が皆様にとって良き年でありますように!

2011年12月10日 (土)

久々のブログ書き込み

ツイッターばっかりやってて、ブログを放置してたら勝手に広告が表示されていた。
どうやらそういうシステムらしい。更新すれば広告は消えるとのこと。と、いうことで、ちょっと更新。

で、今、久々にブログを書き始めたけど、あれ? なんだぁ? この解放感は?

そっか、ツイッターでは文字制限があるからいつもそれを意識しながら書いてたけど、ブログにはそれがないせいか。ああ、なんか「自由」を感じる。フリーダム!(笑) たしかにツイッターは文字数制限があって窮屈ではあるけれど、その分気軽にコメントが書け便利。でも、その分、脊髄反射的に思いつきで書いてしまう事もできるので、不特定多数の人達が目にする場で発言する事の重さを無意識に軽く捉えてしまう危険性もある。その点、ブログは一度頭の中で言いたい事を整理しながら書くので発言に関してはツイッターよりちょっと慎重になれるところがいいところかな。文字数制限がない分、言いたい事が間違って解釈されないように説明も詳しくできるし。と、言う事でツイッターにはまってしまったからこそ、ブログの良さを感じ始めた今日この頃です。どれ、またブログの書き込みを再開するかな。

ところで、昨夜、ツイッターで「宮崎駿氏はラピュタの某シーンの絵コンテを泣きながら描いていたという事を飯田馬之介さんから聞いたことがある」というエピソードをつぶやいたら、一気に700人ぐらいの人達にRTされた。作家さんだったら誰でもありそうなエピソードなのに、どうも意外だったようだ。宮崎さんのマスコミでの発言を聞いてると人一倍感受性の強い作家さんだと想像できると思うんだけど、だいたいが頑固で偏屈で強気だから(宮崎さん、すみません)、つぶやきのようなナイーブな一面が一般の人達には想像しづらかったせいかもしれないね。

しかし、改めて思うに、ツイッターってある意味怖いかも。何気に発言したコメントが、その内容次第で一気に広がってしまうから。良い方に解釈されて広がるぶんにはいいけど、逆だったら……怖いよね。これから気をつけよう。

rapyuta.JPG

シータ 「ああ、こわかった!」

2011年10月 8日 (土)

サンキュー! ジョブズ

mac.png

 スティーブ・ジョブズが亡くなった。

 ふと、押し入れにしまっていたマックのSEが触りたくなり、引っ張りだして起動させてみた。
「ポ~~ン!」という懐かしい起動音とともに、昔、マック用のクリップアート集の仕事をやってた頃を思い出した。

mac-sakuhin.png

 今から25年前。パソコン嫌いだった自分に、パソコンの面白さと可能性を感じさせてくれたのがアップルのマッキントッシュだった。マウスひとつで操作できるUIも新鮮だったが、それよりもジョブズやウォズニアックが持っていたパソコンに対する思想やコンセプトにいたく共鳴した記憶がある。あの出会いがなかったら自分の人生も(ちょっとだけ)変わったかもしれないかも。

 マックは問題なく動いた。中にはハイパーカードやゲームの「マンホール」、そして25年前に自分が仕事で描いたグラフィックが入っていた。同時に当時の思い出がまるでタイムカプセルを開けたように小さなマックの画面から飛び出してきた。

 あれから25年。今のPCや携帯電話やIT機器は驚異的な進化をとげた。あくまで「技術的には」だ。しかし、あのマックを作ったアップルには技術追求もさることながら、今でも「技術以前に大切にすべきもの」を考える思想があり、それは常に時代の先を提案している。(いや、アップルではなく、アップルを作った二人のスティーブであるスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックと言った方が正確か)  その二人が持っている「大切にすべきもの」とは? その正体は私のような者が知った風に言うまでもなく、今の時代の人々は既に気づいているだろう。そして、その「大切にすべきもの」を彼らが守りカタチにしてくれたからこそ日常の生活が楽しくなったことも。だからこそ、ジョブズが亡くなった時にコアなアップルファンに限らず世界中の普通の人々が彼にこう言って別れを告げたのだと思う。

「ジョブズ、ありがとう」

 

 

 

mac se.png

文鳥のピーちゃんと記念撮影。レンズに近かったせいか嘴が歪んでかく見える。あ、嘴にエサがついてる。相変わらずお行儀の悪いヤツだなぁ…。w

2011年5月10日 (火)

ライカとロケット

      laika.png

2011年3月14日 (月)

お見舞い申し上げます

この度の「東北地方太平洋沖地震」で被害に遭われた方々へ
心よりお見舞いを申し上げます。
また、被災によりお亡くなりになられた方々にお悔やみ申し上げ
謹んで哀悼の意を表します。

そして、一日も早い復旧と復興を心よりお祈りいたします。

kokoro.png

2011年1月 1日 (土)

新年明けましておめでとうございます

hp-nenga.png

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

今年が皆様にとって良き1年でありますように。

2010年9月26日 (日)

すっかり秋ですねぇ。

blog.png

なんか、いきなり秋になってしまいましたね。
季節の変わり目も人の世にならってデジタル化してるのでしょうかね?

……んなわきゃない(笑)。

2010年8月15日 (日)

残暑お見舞い申し上げます。

zansho-mimai-2010.jpg

2010年7月25日 (日)

暑中お見舞い申し上げます。

summer2010.jpg

皆さんいかがおすごしですか?久々のBLOG更新です(笑)。

さて、 「森のげえむ屋さん」は現在、「小粒でも心に響くもの」をいつか皆さんに遊んでもらえるよう、企画の方をがんばって進めております。今までにないタイプなので、はたして企画が通るかどうか不安な部分もありますが……。(^^ゞ

暑い日が続いております。皆様のご健勝とご自愛をお祈り申し上げます。

2010年 夏 平野文鳥こと米田喬

より以前の記事一覧