« サンキュー! ジョブズ | トップページ | 新年明けましておめでとうございます »

2011年12月10日 (土)

久々のブログ書き込み

ツイッターばっかりやってて、ブログを放置してたら勝手に広告が表示されていた。
どうやらそういうシステムらしい。更新すれば広告は消えるとのこと。と、いうことで、ちょっと更新。

で、今、久々にブログを書き始めたけど、あれ? なんだぁ? この解放感は?

そっか、ツイッターでは文字制限があるからいつもそれを意識しながら書いてたけど、ブログにはそれがないせいか。ああ、なんか「自由」を感じる。フリーダム!(笑) たしかにツイッターは文字数制限があって窮屈ではあるけれど、その分気軽にコメントが書け便利。でも、その分、脊髄反射的に思いつきで書いてしまう事もできるので、不特定多数の人達が目にする場で発言する事の重さを無意識に軽く捉えてしまう危険性もある。その点、ブログは一度頭の中で言いたい事を整理しながら書くので発言に関してはツイッターよりちょっと慎重になれるところがいいところかな。文字数制限がない分、言いたい事が間違って解釈されないように説明も詳しくできるし。と、言う事でツイッターにはまってしまったからこそ、ブログの良さを感じ始めた今日この頃です。どれ、またブログの書き込みを再開するかな。

ところで、昨夜、ツイッターで「宮崎駿氏はラピュタの某シーンの絵コンテを泣きながら描いていたという事を飯田馬之介さんから聞いたことがある」というエピソードをつぶやいたら、一気に700人ぐらいの人達にRTされた。作家さんだったら誰でもありそうなエピソードなのに、どうも意外だったようだ。宮崎さんのマスコミでの発言を聞いてると人一倍感受性の強い作家さんだと想像できると思うんだけど、だいたいが頑固で偏屈で強気だから(宮崎さん、すみません)、つぶやきのようなナイーブな一面が一般の人達には想像しづらかったせいかもしれないね。

しかし、改めて思うに、ツイッターってある意味怖いかも。何気に発言したコメントが、その内容次第で一気に広がってしまうから。良い方に解釈されて広がるぶんにはいいけど、逆だったら……怖いよね。これから気をつけよう。

rapyuta.JPG

シータ 「ああ、こわかった!」

« サンキュー! ジョブズ | トップページ | 新年明けましておめでとうございます »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サンキュー! ジョブズ | トップページ | 新年明けましておめでとうございます »