« 『崖の上のポニョ』を観た | トップページ | ポニョ、2回目 »

2008年7月24日 (木)

ジブリ本2冊

ジブリのサイトで、新刊本が紹介されていたので、早速、購入。

折り返し点―1997~2008

折り返し点―1997~2008

  • 作者: 宮崎 駿
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2008/07
  • メディア: 単行本

仕事道楽―スタジオジブリの現場 (岩波新書 新赤版 1143)

仕事道楽―スタジオジブリの現場 (岩波新書 新赤版 1143)

  • 作者: 鈴木 敏夫
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2008/07
  • メディア: 新書

宮崎御大の本は、主に作品に対する思想等のコメント、インタビュー集。つまり作品の中の話。

鈴木Pの本は主にプロデュース的な話。つまり作品の外の話。どちらかというとぶっちゃけ裏話集ですな。

理想と現実。作品を世に出す意味と価値、また、それで生活してゆく現実。2冊まとめて読むとそれらを考えさせられてとてもおもしろいです。しかし、「志」が高いというか、やっぱ良い作品を創る人種って非凡ですな。

« 『崖の上のポニョ』を観た | トップページ | ポニョ、2回目 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『崖の上のポニョ』を観た | トップページ | ポニョ、2回目 »