« おお、これぞ水木しげる氏の鬼太郎だ! | トップページ | パコと魔法の絵本 »

2008年1月25日 (金)

墓場鬼太郎~その後

ええ、毎週観てますとも。期待しながら。

2回目、3回目と観ましたが、う~ん……絵は悪くはないんだけど、ちょっとシナリオ・演出が原作を咀嚼しきれてないなぁ……という感じ。あと、余計なコミカルさはいらないかなぁ。(それは子供向けの明るい鬼太郎で十分です)

私が思うに、水木氏の漫画のドラマ展開には今風のメリハリの効いた技巧さは正直感じられない。淡々と進んでゆく絵物語ってゆーかんじ。だから、そのノリをまんまこのアニメに期待してもムリがあるのは分かっている。今の視聴者の嗜好に合わないからね。でもなぁ、そこをなんとかするのが脚本家の仕事だと思うんだけどなぁ……。原作のもち味を今風に物語るという。

いつも思うけど日本のアニメって、絵や演出の水準は世界トップクラスなのに(一部のアニメを除く)、シナリオがいまいちなんだよなぁ。ってゆーか、シナリオが足を引っ張ってるような気がする。アニメの定石に合ったシナリオじゃなく、『基本どおりにきちんと物語るシナリオ』が欲しい。きちんと基礎を勉強していない人たちが、成り行きでこの仕事についてんじゃないのかな?と勘ぐりたくなるよ。

シナリオがヘボいとアニメ監督やアニメーターもやってられないんじゃない?。西高東低ならぬ『絵高話低』ってかんじ。

でも、墓場鬼太郎、次回も期待してます。

« おお、これぞ水木しげる氏の鬼太郎だ! | トップページ | パコと魔法の絵本 »

マンガ・アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おお、これぞ水木しげる氏の鬼太郎だ! | トップページ | パコと魔法の絵本 »