« マザー3~糸井氏の言葉の世界 | トップページ | 散歩にて »

2006年5月 4日 (木)

金鳥のCM

昔から思っていたのだが、つくづく金鳥のCMって、おもしれ~よな~。

 

写真は現在オンエア中のゴキブリ駆除剤『コンバットαミニ』のCMで、アニメの少女のかわいい声を出しているのは実は55歳のおばさんだったというオチ。典型的なインパクト狙いのCMですな。(ちなみに、おばさんは高坂真琴さんという有名な声優さんです)

昔から私が興味があるのは、普通に考えれば『ふざけている』としか思われかねない一連の金鳥のCMを提案している広告制作会社・代理店側とそれを聞いている金鳥広報部?とのプレゼン風景だ。一体どんな会議が行われ、どういう経緯で企画を決定しているんだろう? 一度見学してみたいものだ。ちなみに下記は金鳥のHPから引用させてもらった『コンバットαミニ』のCM企画意図だ。

コンバットシリーズにミニサイズの新製品「コンバットαミニ」が仲間入り。大中小3つのラインナップから、用途にあわせてお選びいただけるようになりました。この事実を伝えるべく、前作の逞しいエアロビダンサーズから一転、今回は可愛いアニメヒロイン「マコちゃん」が登場。屈託ないキャラクター設定とハードな台詞のギャップで、新たなコンバットワールドを生み出します。さらにCMの最後には大どんでん返しも用意。「一度見たら忘れない」を目指したこのCM、店頭で思い出していただけたら幸いです。

私には既にこの企画意図自体がギャグにしか思えない(笑)。でも、お笑いのメッカ、関西の企業である金鳥さんとしては『おもろうて、インパクトあって、商品名覚えてもらえればそれでええんとちゃう? 所詮、宣伝やし』というノリなのかもしれないな。 ちょっと会議を妄想してみよう――

制作側『最後に声優さんに顔を出してもらい、”本当はマコちゃん55歳!”と言ってもらうことによって視聴者側に強烈なインパクトを……」

金鳥側『う~ん、なんかもの足らんなぁ……』

制作側『えっ?』

金鳥側『そや! ”本当はマコちゃん55歳!”のあと声優のおばはんにイヤ~ン!ってシナつけて言ってもらうと、もっとインパクト出るんとちゃう?』

制作側『ああ、それおもろいでんな。やりましょ、やりましょ!』

(注:関西弁はいい加減っす)

――てな感じだったりして(あくまで妄想です。実は大真面目だったりして)。 正直、私は子どもの頃からギャグ、ナンセンス、くだらない、ふざけている…という類が大好きな変わり者だ。だから今後も金鳥のCMが楽しみで仕方がない。

金鳥のCMは金鳥のHPで見れます → こちらから

« マザー3~糸井氏の言葉の世界 | トップページ | 散歩にて »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マザー3~糸井氏の言葉の世界 | トップページ | 散歩にて »