« 理屈ぬきにおもしろい!キング・コング | トップページ | 超遅ればせながら『アメリ』 »

2005年12月24日 (土)

クリスマスに思うこと

『今日、明日はクリスマス。キリスト教と全く関係のない多くの日本人が何故かキリスト生誕をだしにお祭り騒ぎする不思議な日である』――なんて、若い時は直ぐこのように世の中を決め付けて了見の狭い皮肉をよく言ってたなぁ…。今の歳になったらさすがに現実が理解でき、実際お祭り騒ぎをしているのはクリスマスを利用している商売人だけで、個人レベルでは意外と宗教観の分別はついている人が多いことに気づく。(まぁ、一部の若い人の中にはクリスマスが何の日か知らないという『無知の王様』みたいな人もいるが…)

まぁ、今日、明日は誰がどのように過ごそうが本人の勝手だが、ただ日頃から『世の中愛がすべてだって? けっ! くせぇーな!』てなことを口走っている人がクリスマスケーキを頬張りながら『メリークリスマス!』なんてはしゃぐのだけはやめてほしい。見苦しい。信念をつらぬいて世のお祭り騒ぎに『けっ! 何がクリスマスだよ! 何が愛だよ!』と背をむけてほしい(笑)

だって、イエス様が一番人々に説きたかったこと。それは『愛』だったんです。『愛』。(恋人や身内だけでなく万人に対する愛ね) 仏教徒や無宗教者がメリークリスマス!って騒いでもイエス様は暖かい目でお許しになるでしょう。『皆が楽しくすごくことは良いことです』と。ただ、彼が一番大切にしていた考えを否定するのなら話はちょっと違う。

私はクリスマスはキリスト教徒以外の人達が祝っても全然かまわないと思う。ただ、イエスさまの教えに否定的な人達、もしくは知らない人達は祝う資格はないと思う。(知らない人は、せめて最低限は知りましょう。それがイエス様に対する最低限のマナーでっせ)

――な~んて、偉そうなことを書いたが、たぶんイエス様が目の前にいらっしゃったら私に対して『私の考えに否定的な人でも私は許しますよ』とおっしゃられるのだろうなぁ…

 

今日、明日。このイエス・キリスト生誕の日に、不二家やコージーコーナーのクリスマスケーキを食べながら、世の中に欠けてきた『真の愛』と『真の許し』というものを考えても時間の無駄にはならないんじゃないのかな? ハレルヤ!

 ――カトリックのダメ信者の文鳥

 

写真は天使がマリアに受胎告知を告げる為に訪れたという『聖ガブリエル教会(ギリシア正教)』の入り口。告知された場所は諸説あるそうな。

*写真は『プレイモービル』の『キリスト誕生』(あれ? 3人の賢者がいないぞ…)

 

【追記】私が幼稚園児の頃覚えさせらて、今では使われなくなった昔の文語体のお祈りを

(メインのお祈り)

天しますます我等の父よ

願わくば皆の尊まれんことを

御国の来たらんことを

御心が天に行われるごとく地にも行われんことを

本日我等に日用の糧を与えたまえ

我等が人を許すごとく、我等の罪を許したまえ

我らが試みにひきたまわれし時、我等を悪より救いたまえ アーメン

(マリアのお祈り)

めでたしせいちょう みちみてるマリア

主、御身とともにまします

御身は女のうちにて祝せられ

御体内の御子イエズスも祝されたもう

天地の御母、聖マリア

今も臨終の時も我等を祈りたまえ アーメン

 

« 理屈ぬきにおもしろい!キング・コング | トップページ | 超遅ればせながら『アメリ』 »

未分類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1742448/46589524

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスに思うこと:

« 理屈ぬきにおもしろい!キング・コング | トップページ | 超遅ればせながら『アメリ』 »